2019/08/11 09:01

「高級車を買って廃車にしちゃったっ♡テへっ♡」




みなさま、おはようございます!

京都の佰食屋というステーキ屋さんをご存知ですか?


じつは僕も最近知ったのですが、ステーキ屋さんなのですが、

頑固なラーメン屋さんのようにスープが終わったらもうおしまいみたいな、

100食しか売らないステーキ屋さんです。

現在は、11時から14時30までの営業なんですが、

今後は50食屋にして、どんどん働く時間を減らしていこう!という

一見変わった、しかしとっても理にかなってるステーキ屋さんです。


そこのオーナーさんの言ってること色々面白いのですが、

一番面白いのが、ステーキ屋さんを始めるとき、


『1年たってだめなら、具体的にこうやって稼いで食べていく、という事まで決めて。お店を作るためのお金も、高級外車を買ってすぐに廃車にしちゃった、と思えば諦めもつくかなって。死ぬ前に同じくらいの貯金を残して、あぁ、あの時やっときゃよかった、なんて思うのは嫌ですから』


ということだったみたいなんですが、失敗しても


「高級車を買って廃車にしちゃったっ♡ テへっ♡」


って最高じゃないですか?!!


もうこの文章を読んだ時、僕は爆笑しました!

今度からこの感じ、何か説明する時、パクろうと思ってます(笑)



「高級車を買って廃車にしちゃったっ♡ テへっ♡」


みたいな人は、きっとスポーツでも頑張れる。


エベレストも、ちゃっちゃっと登っちゃいます。きっと。




以前、諏訪神社に初詣に行き、おみくじを引いたことがあるんです。


そのおみくじ『願い』の項目に『願い』っていうのがあって、


「たやすくはないが、思い続ければ自然とかなう」と書いてあったんです。


「たやすくはないが、思い続ければ自然とかなう」なるほど!


ただ、ちょっと思ったんです。


この「思い続ければ」の思い続けることを実際にできる人ってどれくらいいるんだろう? って。


僕も含めて、たぶん多くの人は、答えをもらったところで、常にさらに何かもっといい正解を求めちゃう。


「もっといい正解ないか?もっといい正解ないか?もっと近道ないか?」って、常に探してまわっちゃう。


でも、本当はこのように、絶対的な答えをすでに持っていることが多いわけで。


僕の手元には、すでに『願い』:「たやすくはないが、思い続ければ自然とかなう」という神様からもらった絶対的答えがすでにあるわけで。


なので、本来やることといったら、もう1つしかないんです。


たゆまぬ努力で「思い続ける」ことを続けること、これしかない。


だから、この後、別の神様に祈りにいったところで、もう何も変わらない。


世の中素晴らしい成功本はすでに、たくさーーーーーーーーんあります。


自分の一生を素晴らしく生きられるぐらいの知恵は、


そこら中に落ちてます。


落ちてます。


落ちてます。


落ちてます。


落ちてます。


落ちてます。


落ちてます。


落ちてます。


落ちてます。


落ちてます。


わかっちゃいるけど、


わかっちゃいるけど、


わかっちゃいるけど、


わかっちゃいるけど、



最後はアメリカのインディアンの言葉で、締めさせていただこうと思います。


「自分がなんとなく生きた今日は、昨日死んでいった人たちがどうしても生きたかった大切な明日だ!



そして、さあ、みなさまも!!

「高級車を買って廃車にしちゃったっ♡ テへっ♡」



///////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////


次回《生き急ぐ奴らの会》


■日時  今月やろうと思ったら、前回やった会場が

     11月まで工事になっちゃってましたので、

     たぶん来月あたり別の会場で


     もしかするとその前、再来週の火曜の夜あたり、10名様ほどの会場で

     突如やるかもしれません。


■場所  板橋あたり

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////